未分類

メンズ泡洗顔の詰め替えは得ではない?!

投稿日:

詰め替えは得、という固定観念を壊せ!

 

洗顔料の泡出て出来るタイプは詰め替えパックが販売されていて経済的に助かりますね

 

 

詰め替えはごみを少なくし、エコに繋がりますし

 

 

ボトル容器代がかからないため、比較的安価であることがあります

 

 

容器に入った洗顔料よりも詰め替えパックは50円~100円ほど安いことが多いようです

 

 

塵も積もれば…ということもあり年間では数百円浮きますね

 

 

エコになること、経済的であることから、詰め替えで売られている泡洗顔料を選ぶとお得を感じるでしょう

 

 

しかし、泡洗顔料に落とし穴があります

 

 

泡洗顔料の中には洗浄力が強い物がたくさんあるのです

 

 

男性であっても皮膚が弱い人、皮膚が薄い人、荒れやすい人、それぞれいます

 

 

デリケートな肌は、外部からの刺激を受けやいです

 

 

洗浄力の強い洗顔料は、肌の潤いも洗い落とします

 

 

潤いがない肌は乾燥し、水分が蒸発しやすくなります

 

 

乾燥した肌は、ホコリや花粉などアレルギーの元が刺激になりやすくかゆみが出やすくなります

 

 

オイリータイプの肌は、乾燥すると皮脂を過剰に分泌する傾向にあります

 

 

よって、乾燥がオイリー肌を誘発するきっかけにもなっているのです

 

 

 

経済面で選ぶのは肌にこうした危険があることがあります

 

 

 

大切なのは、洗浄力や泡立ちよりも、成分を見ることです

 

 

強い洗浄力で肌を傷つけないようにしましょう

 

 

 

刺激の強い泡洗顔料は、肌の潤いを洗い続けてしまう上に、肌トラブルにも繋がってしまうことがお分かりいただけたでしょうか

 

 

洗顔後につっぱる感じや肌がヒリヒリしたら、ストップサインです

 

 

使用を止めて、肌に合ったものに変えると良いでしょう

 

 

泡洗顔の詰め替えを選ぶならココに注目

泡の洗顔料は、泡で出てくることで時短が出来ることが良いところです

 

 

しかし、泡立てネットを使えば、どの洗顔料でも泡が立ち時間にしても大差がありません

 

 

泡立てネットならば固形石けんでも濃度の濃い泡が短時間で作れます

 

 

洗顔料を選ぶときは、泡立ちや洗浄力やコスト面も大事ですが、一番にポイントとするのは、肌に優しく刺激の少ない物を選ぶ要することをおススメします

 

 

 

ちなみに、洗顔用の固形石けんは比較的刺激が少ないものが多いです

 

 

また、チューブタイプの洗顔フォームも敏感肌仕様になっているものも多くあります

 

 

洗顔フォームを選ぶときは、洗浄力ではなく、これらの有効成分などで選ぶようにする方が、肌を整えきれいな状態を作ることが出来ます

 

 

 

洗顔後は化粧水などで肌に水分を与え、肌の状態を整えるようにしましょう

 

 

 

ではまた

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございます

 

 

-未分類

Copyright© メンズ美容グッズで“男力”を磨き上げるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.