未分類

気軽にイメージチェンジを取り入れる男になる方法②

投稿日:2018年12月11日 更新日:

イメージチェンジ成功は貢献力アップ

 

イメージチェンジにはどんな印象を持っていますか

 

 

ファッションを大きく変える

持ち物の好みを全てガラッと変える

自分のベースカラーを変える

突然髪型を大きく変える

 

など

 

 

イメチェンは誰が見ても気が付く変化を起こし、うまく似合っていれば成功となります

 

 

しかし、このように思い切ったことをするばかりではありません

 

 

 

ファッション小物一つを変えるだけでも、イメージチェンジに繋がります

 

 

ここで大切なことは、清潔感と美意識が感じられるようにすることです

 

 

美意識と言っても難しいことはありません

 

 

 

全体のバランスを整えるとよいでしょう

 

 

色調や素材、柄などを同じ系統にすると、全体にまとまりが出てきます

 

 

美意識を持つことで、思わぬ良いことがあります

 

 

 

それは、周りに与える影響です

 

 

美意識やオシャレ感覚のある人がいる場所では、周囲の意識が高いことがあります

 

 

ご存知でしたか

 

 

大切な会議では身なりを整えてスーツで決めていくはずです

 

ヘアスタイルを整えて清潔感ある姿で参加すれば、見た目でもやる気が伝わりやすいでしょう

 

そのやる気は周りに伝わります

 

 

結婚式の披露宴などの場所では、男女とも華やかな雰囲気に合うフォーマルな装いをするはずです

 

 

美しく着飾った女性たちは、披露宴を華やかなお祝いムードを盛り上げてくれますし、着物姿の女性は会場全体の品格を上げると言われています

 

 

このように、周りに与える影響はかなり大きくあるのです

 

 

 

つまり、美意識がある人は、周りへ貢献しているということなのです

 

 

貢献しているとはいえ、直接見返りがあるとも限りませんので、そこは期待しないでおきましょう

 

 

しかし、美意識は自然と周りに人を集めるものです

 

 

更に、類は友を呼ぶ、とも言いますから、同じ系統の仲間が引き寄せられやすいでしょう

 

 

また、自らも同じ系統の人たちの集まりに出向いてみると、新しい友達や仲間などと出会える可能性は高くなるでしょう

 

 

身なりが清潔でオシャレな人は声を掛けやすいと思いませんか

 

 

このように、気が付かないところでもしっかり自分に返ってくるものがあるのです

 

 

 

手軽なイメージチェンジの方法

 

簡単に出来るイメージチェンジと言えば…

 

 

今まで着たことの無い色の服を着る

ファッションを変える

ヘアカットする

ヘアアレンジを変える

髭を剃る・生やす

メガネをする・新調する

 

 

など、たくさんあります

 

 

 

もっと細分化すると

 

 

全体の色調

色の分量のバランス

素材

無地or柄

 

などを変えてみることです

 

 

身に付けている色数を数えると全体のバランスが取りやすくなります

 

 

全体的に2~3色までにまとめると見た目がうるさく感じにくくなります

 

 

例えば

 

黒・白・薄茶系

青系・白

茶系・黄緑(差し色)

 

 

など

 

 

次に色の分量でバランスを見ます

 

 

メインカラーを決めてから、小物類の色を決めると良いですね

 

 

また、自分に似合うベースカラーを知っておくと、迷わなくて済みます

 

 

好みの色の系統はありますか

 

 

一例ですが、挙げてみますと…

 

 

モノトーン系

パステルカラー系

ビビットカラー系

アースカラー系

スポーティー系

柄物系

キャラ系

 

 

まだありそうですが ^^;

 

 

差し色は小物や小さい範囲で使うと失敗が少なくなりますよ

 

 

 

このように、簡単に出来るイメージチェンジを取り入れてみることでメリットはかなりあります

 

 

 

心を柔軟にするように意識すると、楽しいことを楽しめるようになれますね

 

 

小さなことですが、日常レベルの新しいことを受け入れてリフレッシュに繋げてます

 

 

 

いかがでしたでしょうか

 

 

 

ではまた!

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございます

 

 

またよろしくお願いします

 

 

-未分類

Copyright© メンズ美容グッズで“男力”を磨き上げるブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.