未分類

30代40代メンズには白髪染?普通のカラーとどっちがいい?

投稿日:

白髪が生えてきたら

自分の髪に1本でも白髪を見つけてしまったら、初めはびっくりしませんか

 

そして、まだまだそんな年ではないのに白髪が出てきてこの先不安だ…という具合に内心大騒ぎしてしまっていることはないでしょうか

 

初めての白髪は自分の老化を直視するきっかけになりますね

 

それでかなりショックを受ける人は多いと思います

 

 

なぜって、白髪というと、私たちの多くが「ご年輩の方の頭髪」というイメージを持っている人が多くいるからだと思います

 

しかし、白髪は20代で若くして生えてくる人や30歳前後で生えてくる人もいます

 

 

若い人にも独身者にも白髪が生えている人は多くいますから、白髪はご年輩の方というイメージを持たれていたら、見方を変えてみると良いかもしれません

 

 

今は、ご年輩でもオシャレ染をして白髪を自然な色に染めている人も多くいます

 

白髪が生えてきたら現実を受け入れ、白髪の染めて明るく過ごしていきたいですね

 

 

白髪染?カラーリング?いつから白髪染?

 

 

 

白髪染っていうと、気分的に少し抵抗ありませんか

 

白髪染と、普通のカラーリング、どちらを選べばいいのでしょうか

 

 

選ぶときの違いは、白髪の量で決めると良いようです

 

 

例えば生え際に白髪がたくさん生えてきているとか、一か所に白髪が密集しているといった場合などには白髪染です

 

 

パラパラとまだらに生えてきている程度なら普通のカラーリングです

 

白髪があまりに多くなると、カラーリング剤では時間の経過とともに赤っぽくなったり光に透けるとオレンジっぽく見えたり、…筆者の母親が以前そうでした

 

 

そういったたくさん白髪があって、ある程度の年代になった場合には思い切って「グレーのカラーリング」が良いようです

 

グレーのカラーリングは、時間が経過しても白髪がオレンジ色の傾向にならすに白髪に戻っていくので自然に見えるようです

 

結構あか抜けた感じで母親がオシャレに見えますよ

 

髪の印象って大きいものです

 

 

ですので、若くして白髪が出てきた場合にも、手入れをすべきだとは思います

 

 

特に出会いが欲しいメンズには必須ではないでしょうか

 

男にとっても清潔感は出会いにとても大切な要素です

 

女性の好むタイプの上位には「清潔感」が挙がることが多いのです

 

男女の出逢いだけではなく仕事でも清潔感は

 

 

白髪を放っておくべからず

 

さぁ、白髪を見つけたら対策を取りましょう

 

白髪染、カラーリング、どちらを選ぶのかはあなたの白髪の量次第です

 

(光に染まるカラーリング剤というのもあるようですが、ズボラな筆者には向かないようです)

 

 

今回もお読みくださりありがとうございます

 

またよろしくお願いいたします^^

 

-未分類

Copyright© メンズ美容グッズで“男力”を磨き上げるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.